step2 ギター練習機材③

ギター 初心者向け

小型アンプの選び方

1 メーカー

2 出力の大きさ(音のでかさ)

3 その他の機能

アンプ選びは以上3つを見ながら選びます1つずつ説明していきます

1 メーカー 選び

弾くジャンルによって音の主張する音域が違うので、まず自分が好きなアーティストが使っているやつを調べてみてください。

スタジオ練習を意識するのであれば、どこのスタジオにもよく置いてあるMarshallか

RolandのJC(ジャズコ)あたりの小型アンプが使いやすいです。

ただ、マルチエフェクター等エフェクターで音を主に作る場合、クセのないシンプルな奴がいいです。

ちなみに僕はHUGHES&KETTNERの15Wタイプ使ってました。

選んだ理由は音でもなんでもなく見た目!青い光がかっこよかったから。

正直アンプで歪みの音を作らないなら何でもいいと思います。

ただし、最初はイコライザー(EQ)は3つのやつがいいです。2つタイプは可変が大きくて最初は微調整が難しいからです。

2 出力の大きさ

10~15Wで十分です。10Wでも出せて2メモリぐらいしか上げれないと思います。僕の15Wでも音が出たかどうかの境目までしか上げれてません。

3 その他の機能

最近の自宅練習用小型アンプはメチャクチャ進歩していますね。

それこそマルチエフェクターが入ってたりアンプシュミレーターが入ってたり

ワイヤレスもできるのも増えてきました。調べだすとあれもこれも欲しくなりますね。

ただし、最初はいらない!マルチエフェクター買ってアンプはシンプルに。

3年ぐらい弾いたら勝手に好みのアンプ買ってると思います。

アンプはライブで使う用はかなり選択の幅が広いので、慎重に選ぶ必要があると思いますが、自宅用は最初は全く気にせず安めのやつ買って下さい。

どうせ違いが分かるほどの音量出せないので大丈夫です。

音作りはスタジオ行って大音量でやります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました